歯科医も結構大変なんです。


by hti21drifh

<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 民主党の「適切な医療費を考える議員連盟」(櫻井充会長)の医療機器ワーキングチームが週内にもまとめる提言は、医療機器分野を成長産業にする手だてとしての規制緩和策が柱になる見通しだ。同ワーキングチームは4月初めから、医療機器メーカーや厚生労働省などからヒアリングを続け、議論を重ねてきた。23日に医療側の意見を聞き、最終提言をまとめる。

 20日の会合では、医療機器メーカーの業界団体を招き、意見交換した。日本医療機器産業連合会の荻野和郎会長は、「企業の研究開発投資とリターンがうまくかみ合う仕組みを構築していかないといけない」と指摘し、医療機器産業が成長するための課題として、▽医療機器の特性を踏まえた薬事法の見直し▽企業の自己責任を重視した欧州の仕組み(CEマーク方式)導入の検討▽日本の医療・介護を国民視点から総合的に企画・設計する研究機関(シンクタンク)の設立―などを挙げた。 
 同じく業界代表として日本医療機器工業会の松本謙一理事長は、「中小の医療機器メーカーには薬事申請の費用が負担になっている」と述べ、世界で初めて血管内で吸収される生体吸収性ステントを開発した日本メーカーが、国内での薬事申請や審査承認が煩雑であることから、ドイツに現地法人を設立して欧州のCEマークを取得した例などを紹介した。松本理事長は、医療機器産業の成長促進には中小企業の海外進出支援も課題だとした。 
 会合後に記者会見した同ワーキングチームの柚木道義座長は、「規制緩和は、医療機器認可の仕組みの迅速化や柔軟化など。医療機器を成長産業化し、輸出で外貨を稼ぎ、相乗効果で内需を拡大し、雇用の受け皿にする。単純な税金や保険料引き上げによらない医療再生への財源を調達していく」と述べた。


【関連記事】
製薬・医療機器業界からヒアリング―国民の医療を考える議連が初会合
「医療機器は成長産業」−民主議連作業チームが初会合
未承認医療機器の使用実態調査を―薬害オンブズパースン会議
医療費増を目指す民主議連が発足−「診療報酬の大幅アップを」
医療・介護を「リーディングインダストリーに」―産業競争力部会

写真と本で親しむ北米の大自然 世田谷文学館で「子ども読書の日記念講演会」(産経新聞)
<レースとレース・グラス展>箱根ガラスの森美術館で開幕(毎日新聞)
<拳銃>女性巡査長がトイレに置き忘れ3分後発見 兵庫県警(毎日新聞)
吉田秀彦選手 武道館で引退試合 総合格闘家から柔道家へ(毎日新聞)
仕分け対象の独法決定=47法人、151事業−刷新会議(時事通信)
[PR]
by hti21drifh | 2010-04-27 20:32
 17日午前2時15分ごろ、愛知県豊川市伊奈町前山、会社員、岩瀬一美さん(58)方1階で、岩瀬さんが首などを刺され、死亡しているのが見つかった。岩瀬さん宅は火災になり、孫の金丸友美ちゃん(1)の遺体が見つかった。ほかに家族3人が刺され、けがをした。県警豊川署は、長男の無職、高之容疑者(30)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。同署は殺人容疑に切り替えて調べる。

 同署によると、高之容疑者は「家族を刺し、火を付けた」と認めているという。岩瀬さんがインターネットの契約を解約したことに腹を立て、台所にあった包丁で刺し、2階の布団に火を付けたという。

 近所の人から「刺された女性が助けを求めてきた」と110番があった。同署員が駆け付けると、岩瀬さん宅2階が火災となっており、1階で岩瀬さんが倒れていた。室内で妻正子さん(58)と三男文彦さん(22)、文彦さんの内縁の妻、金丸有香さん(27)が刺され、けがをしていた。

 岩瀬さん宅は7人家族で、事件当時、次男は外出し留守だった。【丸林康樹】

【関連ニュース】
愛知3遺体遺棄:逮捕の3容疑者「被害者宅で殺害」と供述
宮崎・家族3人殺害:容疑者を追送検 /宮崎
児童虐待:防止法10年 止まらぬ虐待、帰らぬ笑顔 背景に孤立、経済的困窮
宮崎家族3人殺害:奥本容疑者 妻と義母殺害容疑で再逮捕
出版:「家族のきずなとは」 尊属殺人テーマに 小説「閃夏」佐藤さん執筆 /三重

「時効廃止法案」が参院法務委で可決(産経新聞)
水俣病東京・大阪訴訟、和解向け事前協議入りへ(読売新聞)
タイで死亡の村本さん、熟練者が狙撃か(読売新聞)
「首相は統治能力欠如」と自民総裁=無党派層の動向注視−時事世論調査(時事通信)
タカラジェンヌへ「芸の道に精進」 宝塚音楽学校第98期生入学式(産経新聞)
[PR]
by hti21drifh | 2010-04-23 05:54
 大阪府寝屋川市の岸本瑠奈ちゃん(1)虐待死事件は16日、父、憲(あきら)容疑者(26)と母、美杏(みき)容疑者(27)の逮捕から1週間。2人は、4姉妹のうち三女の瑠奈ちゃんだけを暴行した理由を「一番言うことをきかなかったから」と供述しているという。市は早くから虐待を疑い、府中央子ども家庭センター(児相)と連携。昨年10月、顔のあざを確認し、美杏容疑者が体罰を認めたが、瑠奈ちゃんは保護されなかった。なぜ悲劇は防げなかったのか−。

 市の初めての家庭訪問は病院から瑠奈ちゃんの生後1カ月健診未受診の連絡を受けた2日後。支援の立ち上がりは迅速だった。

 以後、瑠奈ちゃんが意識不明の重体で救命病院へ搬送される1歳8カ月までの間に13回訪問し、うち7回は父母に会えたという。

 瑠奈ちゃんの顔のあざに気づいたのは3回。市と児相は昨年7月22日の会議で虐待を疑ったが、「子育ての実態がつかめない」として判定を見送った。

 市は昨年10月16日、美杏容疑者の体罰を認める話と瑠奈ちゃんの顔の青あざを同時に確認。この時点で虐待と断定し、保護できた可能性があったが、訪問結果を児相へ報告せず、虐待の見逃しにつながった。

 なぜ市はこの結果を軽んじたのか。関係者への取材で3つの要因が浮上した。

 この日家庭訪問した担当者は、それまでの健康増進課ではなく、こども室の職員で、美杏容疑者と初対面だった。前回の訪問時、美杏容疑者から「虐待を疑ってるんか」と抗議され、健康増進課の担当者の訪問を拒絶されたためという。「リスクが高いケース」とこども室に引き継がれていたが、初対面のため、瑠奈ちゃんのあざを確認し、体罰を認める発言を聞いても、危機感を強く持てなかった可能性がある。

 また、訪問の主な目的は、昨年7月中旬に誕生したばかりの四女に乳幼児健診を受けさせることだったという。瑠奈ちゃんより体力のない四女の状態把握に市の関心が向き、見逃しにつながった公算が大きい。

 さらに、昨年7月30日の訪問で瑠奈ちゃんの顔のあざがいったん消えたことを過大評価していた可能性がある。四女の世話に追われ、一時的に瑠奈ちゃんへの暴力が止まっていたという実態への理解が不十分だったとみられる。

 市は「対応は適切だった。最善の努力をしたと考えているが、結果は重大であり、支援の経過を検証したい」としている。

 児童虐待問題に詳しい津崎哲郎・花園大特任教授の話「強制的な調査権を持たない市は、親の反発を恐れてこわごわ接してしまうことがあるが、ときには親の心情を害してでも家庭の事情に踏み込み、措置を取る必要がある。そのためには相手の懐に飛び込む“技”を持った複数の職員が、さまざまな角度から接触を試み、的確な情報をつかむことが重要だ。今回の事例では、担当者同士で、瑠奈ちゃんに対する意識を共有しきれず、うまく情報をつなぎ合わせられなかったのではないか」

村本さん無言の帰国…警視庁、銃弾の傷確認(読売新聞)
期限切れ新型ワクチン捨てられず…予算なく、いまだ保管中(産経新聞)
<日仏首脳会談>EUとの経済連携協定、共同研究を提案(毎日新聞)
サクラの季節なのに… 練馬や箱根で積雪(産経新聞)
文部科学省、公立学校の耐震化に予算配分(産経新聞)
[PR]
by hti21drifh | 2010-04-20 15:21
 昨年2月の北九州市議選を巡る偽投票用紙事件で、小倉北区選挙区で落選し、詐欺罪と公選法違反(買収、投票偽造)に問われた建設会社社長山田国義被告(74)(小倉北区井堀1)の判決が7日、福岡地裁小倉支部であった。

 重富朗裁判長は「有権者の投票を金の力でゆがめた。巧妙かつ大規模な組織的犯行で厳しい非難を免れない」と述べ、懲役4年(求刑・懲役4年6月)の実刑判決を言い渡した。山田被告側は控訴する方針。

 判決によると、山田被告は元市職員の長男(52)(詐欺罪などで懲役2年、執行猶予5年の有罪確定)らと共謀。市議選の投票所で偽用紙を使って正規の投票用紙44枚を詐取したほか、自分への投票や票の取りまとめの報酬として計21人に計57万円を渡し、集めた正規用紙のうち約35枚を使って自分に投票させた。

 公判で弁護側は「山田被告を当選させて、自分の会社業績を好転させようとした選対事務局長らの犯行で、被告は関与していない」と無罪を主張していた。

 重富裁判長は判決で、山田被告を事件の首謀者と認定。「共犯者は被告の当選という私欲のために巻き込まれ、家庭や仕事を失った」と指摘。「公判で長男から『父ちゃんも正直に言って反省して』と言われたにもかかわらず否認を続け、改悛(かいしゅん)の情はみじんもない」と断罪した。

住宅火災死者、6割超が高齢者―消防庁(医療介護CBニュース)
マニフェストへの反映は「時間的に不可能」―民主介護議連・藤田事務局長(医療介護CBニュース)
3人に1人、うつ傾向=加害者家族「事件話せない」−初の実態調査、仙台のNPO(時事通信)
<マンション火災>重体の父親死亡 川崎(毎日新聞)
鳩山首相、核サミット参加へ米国に出発(産経新聞)
[PR]
by hti21drifh | 2010-04-14 12:54
 関東地方で2日、強い風が吹き荒れた影響で、午前8時50分ごろ、東京メトロ東西線中野−西船橋駅間が上下線ともストップした。葛西駅構内の電車架線に飛来物が絡まったのが原因。

【関連ニュース】
<警報・注意報>現在の状況はこちらで
<桜が気になる方は>週間天気予報で週末の天気をチェック
<ソメイヨシノ>東京で一気に満開…平年より4日早く

<北九州社長殺害>解雇通告で逆上か 「雑用ばかりで不満」(毎日新聞)
<東京路上に男性遺体>殺人容疑で6人再逮捕へ 警視庁(毎日新聞)
鳥取市長選に現新2氏(産経新聞)
<完熟マンゴー>「太陽のタマゴ」2個で20万円 宮崎市場(毎日新聞)
千葉県夷隅・安房に大雨・洪水警報を発令(読売新聞)
[PR]
by hti21drifh | 2010-04-09 01:58
 最高裁は30日、検察の不起訴処分の妥当性を審査する「検察審査会」をPRするDVD「検察審査員」を制作したと発表した。PR映像の制作は92年以来18年ぶり。2回「起訴相当」を議決すれば対象者が起訴されるようになるなど、09年5月から検察審査会の機能が強化されたことを受け、約700万円をかけて約1000枚作製した。

 DVDはドラマ形式で35分間。主人公が検察審査員に選任され、自動車運転過失致傷事件を審査し議決する場面を描いている。

【関連ニュース】
JR福知山線事故:検察官役に弁護士3人指定 神戸地裁
福知山線事故:遺族の思い届く 歴代3社長起訴議決
福知山線事故:JR西歴代3社長の起訴議決 神戸第1検審
水戸検察審:男性の不起訴「不当」 強盗致死事件で議決
社説:JR歴代社長起訴 企業体質が裁かれる

<与謝野氏>新党結成へ平沼氏と詰めの協議(毎日新聞)
チリ地震、津波の理解度まちまち 迅速な避難行動が大切(産経新聞)
警察庁長官狙撃 延べ48万人動員実らず…時効成立(毎日新聞)
<長官狙撃事件>アレフが削除求める 警視庁の捜査結果概要(毎日新聞)
大麻所持で教頭逮捕 大阪府教育長「教員も指導必要」(産経新聞)
[PR]
by hti21drifh | 2010-04-06 00:45
 名古屋大学の卒業式が25日、同大豊田講堂(名古屋市千種区)であり、学部生2159人、大学院生1845人の計4004人が巣立った。

 大学院修了式に続いてあった学部卒業式では、浜口道成学長が学位記を授与した後、「愚直に挑戦し続けていただきたい」と祝辞。卒業生代表の文学部、藤原香里さんが「守られ育てられた環境から巣立ち、自立し、社会に貢献しなくてはいけない。自分の可能性を信じ、まっすぐ進みたい」と決意を述べた。【高橋恵子】

【関連ニュース】
名古屋大学病院:承認受けず臨床試験 幹細胞使い
希少金属:「家電から発掘」計画開始 名大が回収拠点設置
名古屋大病院:国の承認受けず幹細胞臨床研究
From60:60年前 恩賜賞に坂田名大教授 /愛知
大学入試:国公立大2次試験最終出願 名大前期2.9倍 医学部の人気目立つ /愛知

首相 小林氏処遇で朝令暮改 処分検討→自身で判断(産経新聞)
財政健全化法案「有力な考え」=与野党で議論必要−仙谷国家戦略相(時事通信)
固定翼機の一部、嘉手納移転検討…普天間移設(読売新聞)
桜田門外の変 150年の和解法要…水戸、彦根市長が参列(毎日新聞)
作業前からガス漏れか=ごみ処理場爆発−兵庫(時事通信)
[PR]
by hti21drifh | 2010-04-01 05:27